冬になって流行るものといえば、「インフルエンザ」、「ノロウィルス」ですね。

これらを予防するために必要なのが「手洗い」です。

手洗いをする理由ってみなさんご存知ですか?

「菌を洗い流すためでしょ?」

「消毒するためでしょ?」

どちらも正解です!!

 

では、消毒って何ですか?と聞かれるときちんと答えれる人って少ないんですよね。

 

本日は消毒の正しい意味と、よく似た言葉で使われる殺菌や抗菌などの違いを説明します。

私たちの身の回りに存在している殺菌、抗菌という言葉

 

みなさん「抗菌加工済み」と書かれた物を目にしたことはありませんか?

 

ショッピングモールのエスカレーターやエレベーターなどで見かけることもあると思います。

 

殺菌や抗菌、はたまた消毒など同じような言葉が世の中には存在しています。

 

じゃあ実際に菌に対して有効なのは?と問われると僕自身も最初は困惑しました。

 

こうした言葉は、大きく分けると「菌を殺す」ものと菌を殺さないが増殖を抑える」ものの二つに分けられます。

 

菌を殺すのが「殺菌」で、菌を増やさないようにするのが「増殖抑制」です。

 

前者は医薬品医療機器法(旧・薬事法)に基づいて厚生労働省が文言の表示などを規制していて、後者はそれぞれの製品の業界団体が表示の自主基準を定めています。

 

殺菌とは?

 

殺菌の中にはさらに、「消毒」「滅菌」という分類があります。

 

「消毒」は病原性のある細菌(病原菌)に対した言葉であり、感染症を防げる程度まで病原菌を殺すこととされています。

 

一方、病原性の有無にかかわらずすべての微生物を殺すことを「滅菌」といって、高圧水蒸気や強い消毒薬で処理するなどして完全に微生物を死滅させます。

 

そういえば、ガーゼなどにある「滅菌済」という表示を見たことがあると思いますが、生きた微生物が存在しないことを意味しているわけですね。

 

手術室で使用する器具も基本的には滅菌されています。

抗菌とは?

 

抗菌には二つの意味があります。

 

一つは1998年に当時の通商産業省(現・経済産業省)が「抗菌加工製品における抗菌とは、当該製品の表面における細菌の増殖を抑制すること」とガイドラインで定義しています。

このため、抗菌加工製品でいう抗菌は「増殖抑制」を表しています。

 

もうひとつ、微生物を取り除くという概念の「除菌」です。

言葉の定義は、洗剤やウェットティッシュなどの業界団体がつくった、試験方法や自主基準の中に記されています。

台所用洗剤のスポンジに対する除菌なら「除菌効果のないものを使ったときと比べて、対象物から生きた細菌数をある程度減らすこと」を意味しています。

ウェットティッシュなら「除菌効果のないものを使ったときと比べて、対象となる硬い表面(手指などの身体部分を含まない)から生きた細菌数をある程度減らすこと」を意味しています。

 

ここで大事なのは、抗菌も除菌も、あくまで「増やさない」ようにしているのであって、菌を殺しているわけではない、という点がポイント

 

ということは、「抗菌加工」されたエスカレーターの手すりに、ばい菌がいないわけではないです。

 

「除菌」ウェットティッシュが対象にしているのは、あくまでテーブルやドアノブなどの硬い物の表面をぬぐい取ったときの効果であって、手を拭いたところで、菌を殺しているわけではないのです。

 

ちなみに、「殺菌」や「消毒」という効果・効能を表示できるのは、厚労省に「医薬部外品」として承認された製品に限られるため、厳しい条件をクリアした医薬部外品のハンドソープには、「薬用」と表示されています。

 

効果的な手洗いは?

石鹸選び

では、「殺菌」「消毒」と書いてある薬用ハンドソープを使えば、「手に付着している菌」はきれいになるのでしょうか?

 

米国食品医薬品局(FDA)は2016年9月、

「抗菌せっけんと普通の石鹸を比べたとき、感染症を予防する効果にあまり差は見られない」

などを理由として、トリクロサンやトリクロカルバンなど19種類の有効成分については、抗菌石鹸に使用するのを1年以内にやめるよう通知を出しています。

 

これを受けて、日本の厚労省も同月、こうした成分を含む薬用せっけんは、1年以内に代替成分に切り替えるよう通知を出しました。

 

手の洗い方

 

それなら、感染を予防するという観点から大切なことは何でしょうか?

手の洗い方にポイントがあります!!!

ウイルスを使った研究で

「手洗いなしと、流水のみ殺菌成分を含む薬用ハンドソープを使った手洗いを比較し、手についたウイルスをどれくらい減らせるかを調べた」

という東京都健康安全研究センターの研究があります。

 

手洗いなしの場合のウイルス量を100万としたとき、流水のみだとウイルス量は100分の1に、つまり1万まで減らせます。

 

ハンドソープを使うと1万分の1に、つまり100まで減らせます。

 

また、ハンドソープを使った手の洗い方を比較したところ、「10秒もみ洗いしたあとに、15秒流水で洗い流す。これを2回繰り返す」という方法であれば、手に付いたウイルス量を100万分の1程度まで減らすことができます。

 

つまりウィルスを数個程度にまで減らすことができるということですね。

 

あとハンドソープの種類を選ぶよりは、しっかり泡立てることが重要になります。

まとめ

 

今回の記事をまとめると、

<殺菌>殺す

滅菌:完全に菌を殺すこと

消毒:ある程度菌を殺すこと

 

<抗菌>殺さない

抗菌:菌の増殖を防ぐ

除菌:菌を取り除く

 

効果的な手洗いは、10秒もみ洗いしたあとに、15秒流水で洗い流す。これを2回繰り返す。

 

ハンドソープは種類よりも、泡立てが重要!

 

これを読んでみなさんしっかり風邪、インフルエンザを予防していきましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
おすすめの記事