「作業療法士」って仕事があることを知っていますか?

病院勤務している人も「作業療法士」がどんな仕事をしているか知らないことも多いです。

病院として必要なの?と思う方もいるでしょう。

 

結論から言うと…

 

作業療法士は必要です!!!

 

作業療法士って何?

 

作業療法とは,作業を通して健康と幸福な生活の推進にかかわる職業である。作業療法の主目標は,人々が日々の生活の営みに参加できるようにすることである。

作業療法士は,こうした成果を達成するために,人々が自らの参加能力の向上をもたらすような事柄に取り組めるようにしたり,参加をよりよく支援するための環境整備を行ったりする。

(出典 世界作業療法士連盟(WFOT)

 

簡単に説明すると、病気やケガした人は治療する必要があります。

治療によって日常生活を送れなくなった、仕事ができなくなることがあるんです。

 

日常生活や仕事に復帰するためにリハビリをする職種です。

 

 

病院ではどんなことするの?

 

上の説明をされてもピンとこない方も多いと思います。

作業療法学科の学生や作業療法士として働いている方でもよく分かっていない人が多いんです。

 

では実際の病院ではどんなことをするのか紹介します!!

 

理学療法士がいる職場の場合

理学療法士は主に身体機能、特に足に対してリハビリを行います。

歩行をメインで診る職種です。

 

理学療法士がいる場合、作業療法士は手のリハビリや、ADL(日常生活動作)のリハビリを行うことが多くなります。

ADLとは、分かりやすく言うと身の回りの動作のことです。

食事、整容、更衣、トイレなど…

 

人が生活するうえで必ず必要となる動作ですね。

 

これらの動作が難しくなっている場合、実際の動作を練習したり、道具を使用して動作を簡単に行えるように考えたりします。

 

作業療法士だけの職場の場合

この場合は、機能に対してもリハビリを行っていくことが多いです。

ここでいう機能とは、体の各部位の動きや筋肉のことです。

 

本来は理学療法士がメインで行うことを、作業療法士だけの職場の場合、この部分を補わないといけません。

 

機能のこと、日常生活のことの両方を見る視点や技術が必要になります。

 

作業療法士って簡単そう?

 

これだけ聞くと

 

「理学療法士よりも簡単そう」

「作業療法士ってショボそう」

 

という印象を持つ方もいると思います。

 

僕も実際そう思っていた一人です。

 

しかし、作業療法士になって思ったことは…

 

難しすぎる!!!!

 

ということです。

 

なぜなら人の生活なんて千差万別なんです。

同じような動作に見えて微妙に一人ひとり違うんです。

 

例えばお風呂に入って体を洗う時にどこから洗います?

髪の毛と言う人もいれば、足からという人もいます。手から洗う人もいると思います。

 

このように皆さん同じ動作でも同じ動作をする人はいないんです。

 

その人が行いやすい動作を考えてあげること…これは教科書に載っていない答えの場合もあるんです。

 

作業療法士はこれを探し出せる、導き出せる「センス」が必要になるんです。

 

おわりに

 

理学療法士と比較してマイナーな職業です。

 

未だに理学療法士>作業療法士と思う方も多いです。

 

場合によっては作業療法士が関わらない分野もあります。

 

しかし、今後高齢化社会を考えれば作業療法士はとても必要な職業といってもいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
おすすめの記事