作業療法士になるためにはいくつかのルートがあります。

学校入学、勉強、実習、国家試験…合格して初めて作業療法士と名乗れます。

今回は作業療法士になるためのお話をしていきます。

 

作業療法学科がある学校に入学する

 

高校卒業から直接作業療法士になることは不可能です。

また、一般大学に入学しても国家試験を受けれないため不可能です。

作業療法士になろうと思った場合、「作業療法学科」がある学校を選択しましょう。

 

①国公立4年制大学

4年制大学に入学して、作業療法士になるルートです。

国公立大学であれば比較的授業料が安くなるため、金銭面の負担が少なくなります。

しかし、授業料が安い学校に行きたいと思う人は多いため倍率が高くなる傾向があります。

大学病院に併設されていることが多く、実習で質の高いリハビリを教えてもらうことが可能です。

 

おススメ度は星5です

②私立4年制大学

4年制大学でも私立です。

授業料は言わずもがなで国公立よりも高いです。

4年間で数百万円変わってくるので注意が必要です。

ただし、私立の中には大学病院をもっている大学もあり、レベルが高い場所もあります。

 

おススメ度は星4です

③4年制専門学校

次に挙げられるのが4年制の専門学校です。

4年制の専門学校というのは珍しいですよね。4年制なので、卒業後は「高度専門士」となり、大学生同様で大学院に進むことが可能です。

私立であり授業料はべらぼうに高いです。

大学よりもレベルが落ちやすいですが、人によっては病院のリハビリトップになる方も多く、大学より明らかに劣っていることはありません。

ただし、学歴社会の世の中で専門卒というだけで馬鹿にされやすいです。

 

おススメ度は星3.5です

 

 

④3年制専門学校

3年で卒業できるの?と驚かれた方も多いと思います。

実は作業療法士は3年学校で学べば国家試験を受けることが可能になります。

しかし、1年間勉強時間が少ないため突貫工事で勉強が進められます。それについていけるかどうかがポイントです。

3年学校といってもとても優秀な方も多く、以前は国立専門学校があり、そこは3年制でした。(今は廃校になっています)

 

おススメ度は星2.5です

⑤夜間学校

3、4年制専門学校で「夜間」に授業を習うことが出来る場所があります。

夜間学校と言われていますが、個人的にはおススメできません。

 

まず、仕事をしながら学校に通うのはしんどいこと!

次に授業内容に付いていけないことが多いこと!

最後に途中で辞めてしまう方が多いこと!

これら3つがあります。

 

作業療法士の勉強はとても大変です。授業でならったことを基に実習に行きます。授業、実習のどちらかで躓いてしまうことが多いんです。

僕は作業療法士を目指すなら夜間学校は避けた方がいいと思います。

 

おススメ度は星1です

 

 

結論

勉強して国公立大学に入ることが金銭負担を考えると一番おススメです。

夜間学校は出来たら避けてもらうのが無難だと思います。

 

作業療法士は卒業後の勉強の仕方で、専門学校、大学と関係なしで認められる世界です。

 

どの進学ルートに進むにしても立派な作業療法士になることは可能なので安心してください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
おすすめの記事